ご近所トラブル

カメラがあることで防犯にはつながると思います

私の住む住宅街には二箇所防犯カメラが設置されています。
住宅街のメイン通りの出入り口に設置されており、24時間録画してあります。
特に空き巣にあったり、トラブルがあったりしたことはこれまでにありませんが、もし何か警察沙汰になるようなことがあれば、カメラの映像は公開してもらえるそうです。

警備会社ともつながっているので、もし何かあればすぐにかけつけてもらえるようになっています。
悪いことを考えている人からすれば、やはりカメラがあるようなところより、無防備な場所や人目につかない場所を選ぶのではと思います。

また、近所のお宅の植え込みに、犬の糞を放置されて困っていた家がありました。
最初は張り紙をして注意を呼びかけたのですが一向にやまないので、監視カメラと、監視していますという注意書きを取り付けたそうです。
普段は録画してないそうですが、糞の放置はピタッとやんだそうです。

私の昔のバイト先でも、フロアと厨房を移す監視カメラがついていました。
お客様とのトラブルの録画、強盗などの対策のほかに、バイト定員の監視の意味もあったようです。
このように、カメラがあるというだけで、人間の悪い行動を抑制する効果があると思います。

防犯

監視カメラの防犯抑止力

深夜に静かな居間で本を読んでいたところ、いきなり玄関のドアノブをガチャガチャと回す音がして、ドキッとした経験があります。
不審者はドアに鍵がかかっていたので、鍵をこじあけてまで家に侵入する意図はなかったようで、すぐに家から離れたようでした。
空き巣の被害が多いのでしょうか、本来であればすぐに玄関のドアを開け、不審者を見極め、一喝したほうが地域の治安のためにも良かったのでしょうが、恐怖感がまさり、とっさの対応ができませんでした。

それ以来、他人の家の玄関先に防犯カメラが備え付けてあると、安全だなと感じています。

昔は、見知らぬ人が地域に入ると、その人に声かけをすることで未然に犯罪を防止する効果がありました。
要するに見ていますよということが相手に伝わるわけです。
防犯カメラの場合、人が玄関の前を通ると、感知センサーが作動して玄関の蛍光ランプがパッとつくタイプがあります。
あれもひとつの声かけのような効果と抑止力があると思います。
玄関に防犯カメラを設置することで、良からぬ考えが頭に浮かんで悪事を働こうとしている人に我に返らせる、そういった抑止力の効果というものは、玄関の鍵を強固にすることよりもむしろ、犯罪に対して優れていると言わざるを得ません。

防犯

防犯カメラは必要

防犯カメラは必要だと思います。
今、子供が幼稚園に行っているのですが、送り迎えの時間が私達夫婦の出勤時間と合わないため、子供の送り迎え及び、私らが家にいない時間帯の世話をしてくれるベビーシッターさんを利用しています。
まだ、防犯カメラをつけてはないのですが、ほしいと思います。

私達がいない時に、子供に親切にしているのか、さぼってはいなのか気になるところです。
同じ会社の人に聞いたら、つけている家庭も多いみたいです。
簡易につけられる防犯カメラや隠しカメラもいっぱい売ってあるみたいです。そのうち、つけたいと思っています。

なにも起こっていない時はいいのですが、いざとなった場合はやはり防犯カメラがあったほうがいいと思います。
会社の人が財布を落としていました。
本人は会社の人がとったのではと疑っていました。
一緒に働いている人同士で疑い合うのは、これからの仕事の関係上もよくありません。

そこで、防犯カメラの記録で確認したのですが、結局社内では落としてないことが判明しました。
誰もがすっきりしたので、よかったなと思いました。

また、部屋のカギをなくしたことがあります。鍵を鍵穴につけたまま部屋の中に入り、誰かに持っていかれたと思っていました。
そこで、管理人さんのところで、防犯カメラの記録を見せてもらいましたが、その日は誰も廊下を通ってないことが判明しました。
結局、違うところから鍵が見つかりました。
全部、大したことではないのですが、防犯カメラは便利だと私は思います。